teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


相互リンクの依頼

 投稿者:タケゾウ  投稿日:2013年 6月24日(月)22時05分44秒
  サイト管理者様
突然のメールにて失礼します。

「書評あれこれ~」というブログを運営させて頂いております"タケゾウ"と申します。
是非、相互リンクをお願いしたく、ご連絡させて頂きました。


勝手ながら、
URL:http://takezou022000.blog.fc2.com/blog-category-23.html
にリンクを張らせていただいております。どうか、ご確認下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

URL:http://takezou022000.blog.fc2.com/
サイト名:書評あれこれ~
紹介文:書評(文学が中心)と読んだ本から見つけた名文を紹介するブログです。

以上です。
突然のお願いで申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

「書評あれこれ~」
運営者 大竹諭
URL URL:http://takezou022000.blog.fc2.com/
E-MAIL takezou022000@yahoo.co.jp
 
 

放置地帯

 投稿者:フリップ村上  投稿日:2012年 2月26日(日)19時43分22秒
  ●支店長様、良くぞお越しを!
ゴーカイ×ギャバン観たかったけどいけなかった! そうですか大葉健二ももうすぐ還暦ですか。
こちらも年をとるわけです。世代的にギャバン観ていないどころか、高校生なのに熱心に観てましたよ。こちらも自主映画の監督が、変身シーンの物まねを得意にしていたことを良く覚えています。

●大吉GUY様、良くぞお越しを!
復活おねでとうございます! 旧知の方がweb上で「どっこい生きてる」のを観るほど、勇気付けられることはありませんね。最近は私も仕事がどうにも忙しく更新とどこおりがちですが、また立ち寄らせていただきます。
 

サイト活動再開のお知らせ

 投稿者:大吉GUYメール  投稿日:2012年 2月23日(木)23時20分18秒
  このたび,サイトをリニューアル・オープンしました。本当は中身の文章の加筆・訂正等を全部済ませてからにしようと思っていたんですが,新デザインによるフォーマットに移し変えた時点で我慢できなくなったのです。というわけで,内容については,今後も引き続き直していきますので,よろしくお願いします。掲示板も復活させましたので,せいぜい御利用ください。

http://x001it.xxxxxxxx.jp/index.html

 

海賊戦隊ゴーカイジャー VS 宇宙刑事ギャバン

 投稿者:支店長  投稿日:2012年 1月29日(日)22時05分40秒
  特別興業1000円だそうです。

大葉健二もさすがに57歳。油ギッシュだった風貌も枯淡の境地。
とはいえ動きます。頑張ります。
社長主演のかつて「マスターオブサンダー」で
二人合わせて120歳オーバーのサニー千葉と倉田保昭が激突したことがありましたが
それに勝るとも劣らぬ一条寺烈でした。
多分、フリップさんは世代的にギャバンは見ていないでしょう。
私は8ミリ映画の監督していた頃なので実に面白くギャバンを見ていたのです。

邦画特撮は予算がしょぼいのですが、親父にはいいカンフル剤でした。
 

プリキュアオールスターズDX3

 投稿者:支店長  投稿日:2011年 5月 6日(金)23時30分35秒
  実に華やかな10周年記念、オールスターズでした。
「まさかの完結編?」の出来にふさわしかったというべきでしょう。
大人の事情でシリーズは続投するわけですので、ラストがあぁなっちゃうのは
死んだはずだよアルベルト、せっかく生身の体に生まれ変わったのに・・・
という東映石ノ森イズムの影響でしょうか。
とにかく21人が次々と変身し、名乗りを上げてくれる様子は眩暈を感じましたね。
レッツゴー仮面ライダーにもあれくらいのサービスが欲しかったですね。
ターミネーター4のシュワちゃんみたいに、予算さえあれば・・・

レッツゴー仮面ライダーは大吉さんの言うとおりで
石丸謙二郎一世一代の晴れ姿というべきでしょう。
あと五年は少なくとも声の出演ならまかせてくれとズバット宮内も張り切っていましたが、
正直、第一世代の方たちは声だけでも相当苦しいです。

黄金のスパイ大作戦は昨年の勢いが感じられず、凡作といえるでしょう。
全編オナラネタで押すというのはシモネタ大好き幼稚園児らしい展開なのですが、
新機軸を盛り込むことが出来ず、末期のロジャー・ムーアみたいでしたね。
そもそも、なんで今時スパイ物なの?というところです。
 

レッツゴー仮面ライダー

 投稿者:大吉GUYメール  投稿日:2011年 5月 1日(日)02時00分38秒
  一番美味しかったのはオーナー。

まぁ,お祭り映画だから厳しいことは言いませんが,やっぱり首領には
早く引導を渡してあげないと……ルパンの新シリーズなんか絶対無理よ。
 

ドラゴン太極拳

 投稿者:フリップ村上  投稿日:2011年 4月25日(月)23時49分24秒
  支店長様、良くぞお越しを!
蒼井そらというと、吉田啓輔監督の『なま夏』が思い出されます。確かAV出身の女優さんでしたっけ?
「馬鹿馬鹿しい崇高さ」というのは、一部のB級映画を評するに最適な褒めフレーズですね。
いわゆる低予算美少女アクションが、コケてもコケても作られるのは、スタッフたちの「美少女を存分にフィーチャーした映画をつくりたい」というモチベーションが、ひとたび撮影に入った段階で「美少女と一緒に仕事をした」事実によって昇華されちゃうからじゃないかと勘ぐることしきり。そういう意味でも、現場の楽しさが観客まで伝わってくるっていう作品は、とても幸福なような気がします。
結局「女忍」も行けなかったけど、『エンジェル・ウォーズ』はけっこうお気に入りです。
 

巨乳ドラゴン

 投稿者:支店長  投稿日:2011年 3月28日(月)22時16分29秒
  似たようなタイトルに「おっぱいチャンバラ」というのがありましたが…

こちらは主演に蒼井そらを据えて、場末のスプラッタストリップショーといった按配。
いや副題が本当に「温泉ゾンビ VS ストリッパー5」であり、舞台が本当に温泉ストリップ劇場なのです。
これは見事に映画になっている。よくあるポロリホラー(一部分にAV女優のお色気シーンあり)とは違い、馬鹿馬鹿しい崇高さを持っています。つまり片腕マシンガール路線なんですね。日本を誤解している北米人を大喜びさせる路線だといってよいでしょう。少なくとも「ハイキックガール」「制服サバイガール」「THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間」といった映画になってないんじゃないの映画とは違いますね。いい意味での不良番長シリーズみたいな如何わしさがきちんとあります。今あげた三作には余裕やアソビ心がないのですが、本作は全編アソビ心でできています。スタッフ&キャストが伊香保温泉辺りで毎夜ドンちゃん騒ぎをしながら撮りました的なノリが感じられます。ちょっと幸福な映画ですね。
 

腰すえてもこの長さが精一杯だった……

 投稿者:フリップ村上  投稿日:2011年 3月22日(火)23時23分44秒
  支店長様、良くぞお越しを!
そうですか、しっかりチェックなさっていましたか。千葉誠治監督は既にして「忍者ものを得意とする」という定評がついているのですね。
しかし、「忍者もの」って、どれだけニッチなカテゴライズなんだ! と。
梨奈たんも「少女格闘家」としての賞味期限はそろそろギリギリぽいので、今度こそ(て「KG」は結局見られなかったんだけど)その身体能力を存分に堪能できる作品になっているといいなと思います。て、こっちも見られるかどうか疑問だけど(なにせ渋谷の劇場でレイト二週間こっきりだから)
御社の社長のお姿、当方もテレビで拝見しました。出番が少なかったのは残念ですが、ゴーカイメンバーとのからみではボスが一番適任でしょうし、しかたないですかね。

きな様、良くぞお越しを!
今回の震災ではコミュニケーションツールとしてのツイッターの威力を再確認しました。なにしろ、地震直後で携帯も固定電話も全くつながんない状況で、サクサク書き込めて知るべの安否がわかるのですから、こりゃー凄いな、と。
もっともそれとても、電力があって有線が通じている関東ならでは、携帯からの接続だって基地局がやられてしまえばそれきりなんで、天災の前には成すすべがないという結論こそが正しいのでしょうけれど。
本棚崩壊は痛いですね。人的(猫的)被害がなかったのは救いですが、やっぱり家の中のものが壊れるのを見るのはつらいもの。うちでは家具等の被害はなかったのですが、お察しの通りフィギュアたちが大変なことに。上半身と下半身が泣き別れしたターンエーガンダムが最も重症でした。
>日本のサラリーマン
いずれにせよ今回の震災で、この国は社会基盤のありようそのものから考えなおさなくちゃいけない局面になったわけですが、おそらくそれには「個々人の働き方」もっと言えば「企業理念」の部分からドラスティックな方向転換を果さなくちゃならないのだろうな、と。
どんな手をつかっても金儲けしたヤツが勝ち、という新古典主義的な価値判断とは違う、精神的な充実を核とした「みなでそこそこ幸せになる」というライフスタイルへのシフトを、地球で一番先に果す国が日本になればいいなと切に思っております。
ていうか、そうしない限り未来がないんだけどな。
 

ご無事でしたか

 投稿者:きな  投稿日:2011年 3月15日(火)14時22分58秒
編集済
  フリップさんや皆さんのつぶやき拝見してひと安心です。しみじみ感じるネットのありがたさ。

うちはあれこれ落ちたり割れたりしたけれど、本棚がひとつ崩壊しただけで無事でした。スチール製の本棚が、前倒しになるのではなく揺れのままに平行四辺形になり、次の揺れで音もなく横倒しに。
いや、音はしたけど耳に入らなかったのかも。
先代猫の遺骨壺とケータイ持って、現3猫の名を呼ぶしか出来ませんでした。
「いざとなったら耳かきも持って出ないと」とか、自分でも謎の思考回路^^
夫はよく耳が痒くなる人なのですが、それにしたってこんな時は耳かきより財布だろう(笑)
タムが鳴くこともなく、ずっと私のそばを離れませんでした。

金曜日は会社に籠城し、月曜日こんどは出勤しようとしたもののどうにもならず帰宅した夫は、今日からビジネスホテルに泊まりながら仕事です。
日本のサラリーマンって、けなげに逞しすぎ…
 

レンタル掲示板
/15