teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ヤシの木の赤蟻

 投稿者:濱崎和郎  投稿日:2017年 8月25日(金)23時30分25秒
  窪田様のお父上の孝之助様の体験記 No.10「終戦」をふと拝見しました。撤退する場面に続いて、10名位の工作隊の一員として 若い20歳くらいの孝之助様が 率先してヤシの木(15m高さ)に登り、ヤシの実を7,8個 たたき落として、 小隊長が 窪田孝之助様から順番にヤシの実を割り、その汁を飲ませる場面があります。
 しかし「ヤシの木には赤蟻がいて尻を垂直に立てて、私の肌に食いついて来た」と書いてあります。 赤蟻とは今は日本の貿易港で「火蟻」と言われているアリではないでしょうか。
火蟻 は英語のFire Ant を直訳しているのではないか。
 火蟻は南米が起源だとか、言われているが、 ビルマにもインドにもいるのではないか。

孝之助様達 はその後、日本軍部隊の撤退の工作隊として、徴用した現地の船を丸太で連結して門橋船とし、終戦後の日本軍を撤退させてた。カレン族民家に宿泊してタメンチェメマスター(ビルマ語で食事係)もされ、おられる。カレン族は入れ墨を全身にしているが新日的であり彼らの寺院の住職とも仲良くなるし、お祭りのも招かれる。 その後、英軍は日本軍の組織は変更せず、穏やかに収容所を作らせるのである。
 英国のやり方が長年植民地支配の経験が深いから 上手に現地人を支配している。


 
 

興味深い

 投稿者:窪田やよい  投稿日:2017年 8月20日(日)22時30分3秒
  みっちゃんさん ご訪問&書き込みありがとうございます。
先の大戦は遠い昔の話ではなく、肉親が関わった身近な出来事なんですね。
その関わり方も人により様々であることも興味深いです。
当事者が語ることはもう難しいですが、子や孫たちが少し距離をおいて語ることも意味があると思いました。
 

(無題)

 投稿者:みっちゃん  投稿日:2017年 8月20日(日)10時40分13秒
  はじめまして、こんな掲示板があって凄く嬉しいです。私の祖父、生きていたら90歳以上も
ビルマへ戦争へ行っていました。祖父は陸軍中野学校を出て。南機関に所属して、スパイ活動を
行っていたようです。祖父は英語が堪能でしたのでインパールの前に南機関として現地を視察。
アウンサンスーチーの父に軍人訓練を施して。幼い頃のスーチーとも遊んだ事があると生前は言っていました。戦後、南機関はビルマ政府から招待され、祖父も何かの祝い事にも参加したそうです。その式展で頂いた。お人形が家にはあります。祖父は100人切りとして死刑になった
方、とも一緒に寝食を供にしていたそうです。スパイとしてペン型爆弾とかも使っていたとか
 

うれしいです

 投稿者:窪田やよい  投稿日:2017年 8月19日(土)16時00分58秒
  Makkiさん ご訪問&書き込みありがとうございます。
子どもの頃、父は楽しそうに(?)戦争の話を聞かせてくれました。
戦争に対する自負心があったのだろうと思います。
父が一番伝えたかったのは、最後「戦跡巡拝」にあるラングーン空港での出来事です。
最後まで読んでいただけたら幸いです。
 

インパール作戦

 投稿者:Makki  投稿日:2017年 8月19日(土)09時24分0秒
  NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」(8月26(土)午前0:50(金曜深夜)より、再放送あり)の過酷な作戦について、ブログ内に書いていて、「インパール作戦・手記」の検索で、こちらのページにたどり着きました。まだ、全部は読ませていただいていないのですが、捕虜収容所での話など、楽しく(?)読ませていただきました。また、ミャンマーの部族の人たちに親切にされた話なども、興味深かったです。過酷な戦禍でも、生きる糧になるような楽しい(?)話をお持ちのお父様は素晴らしい方ですね。そして、それをまとめられたあなた様も…。貴重なお話を読ませていただき、ありがとうございました。

http://makki-english.moo.jp/

 

ありがとうございます

 投稿者:窪田やよい  投稿日:2017年 8月18日(金)15時50分58秒
  玄米さん、ご訪問&書き込みありがとうございます。
NHKの番組は私も悲痛な思いで観ました。無謀な作戦に送り込まれて無駄死にさせられた幾多もの若い命が口惜しくてなりません。よくぞ父は生還できたものだと改めて感じました。
兵隊さんは愚直に従うのみ。トップに立つ人物は賢明な人であってほしいものです。
 

はじめまして

 投稿者:玄米さん  投稿日:2017年 8月18日(金)14時35分13秒
  先日のNHKのインパール作戦の特集番組を観て、生き残られた方々がどのように復員されたのか調べていたら此方にたどり着きました。日本人として辛い気持ちになる番組でしたが、そこでは語られていなかったビルマの方々との交流や収容所生活での様子が知ることができて良かったです。ありがとうございました。  

ようこそ

 投稿者:窪田やよい  投稿日:2016年 4月21日(木)23時06分58秒
  かずやんさん ご訪問&書き込みありがとうございます。
掲示板、放置ですみません。私自身久しぶりに覗きました。
長い間愛読していただけてうれしいです。
気長に、合間合間に読んでいただければうれしいです。
 

こんにちは

 投稿者:かずやん  投稿日:2016年 3月26日(土)10時58分51秒
  もう5年ぐらいになりますかね~このサイトを知ったのは。
久しぶりに見てます。投稿は初めてです。最新の書き込みが去年だったので 思いきって書きました。かといってすべてを読んだ訳ではありません。膨大なページを読むのは大変です。
日常生活もやりながら まして仕事をしている者にとっては その困難は大変なものだと思います。しかし やりながらだからこそ息抜きができると考えてみては…☆
SNSもやりました ゲームもやりました みーんな時間が掛かるんですよね~そんな中で一つの挨拶として 四国から
 

ありがとうございます

 投稿者:窪田やよい  投稿日:2015年 3月10日(火)22時54分8秒
  稲田彰三さん ご訪問&書き込みありがとうございます。
このサイトを立ち上げて16年、父が83歳で亡くなって9年が経ちます。
いまだにこのように訪問してくださる方がいらっしゃることに驚きとうれしさでいっぱいです。
戦後70年が経ち、あの戦争はどう評価されるのでしょうか。日本は侵略したのでしょうか。今の豊かで自由で安全な日本があるのはあの戦争を体験した人々のお陰であることは間違いないと思います。
私は行ったことはありませんが、ミャンマーは穏やかなところと聞きます。皆さんが楽しくしあわせに暮らせますようお祈りいたします。
 

レンタル掲示板
/28