teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


返答ありがとうございます

 投稿者:A  投稿日:2017年 4月 1日(土)00時19分43秒
  伊達様

匿名にも関わらず、ご返答をいただきありがとうございます。
これまで、色々な将棋大会に保護者として付きそい、色々な人と話してきた中で、個人戦と団体戦を同時に行うのは、初めて聞いた取り組みでして、興味をもち質問させてもらいました。ありがとうございました。

ちなみに、例年ですと、中学生の子どもたちは何人くらい参加しているのでしょうか?
重ねての質問になりますが、よろしくお願いします。
 
 

中学生県名人戦についての回答

 投稿者:伊達隆行  投稿日:2017年 3月31日(金)10時32分15秒
  投稿者A様へ

過去36年間中学生大会の運営責任者をしてきている伊達隆行と申します。A様へ回答致します。

①確認になりますが、実質的に団体戦という形の大会ではなく、参加者全員が個人戦のように5対局を行い、同一校の上位3人の勝ち星を足したもので、団体戦の県代表をきめるということでよろしかったでしょうか?→その通りです。
②もし、そうであるなら…極端な話になりますが、3人で参加している学校と、  30人で参加している学校においても、それぞれの同一校の上位3人の勝ち星の合計で決めるのでしょうか?→その通りです。
③あるいは、30人で参加している学校の中でも、ちゃんと3人×10チームで登録し、それぞれのチームのメンバーの勝ち星の合計で決めるのでしょうか?→大会開始前に1チーム3人ということでの参加登録をしたチームに限り同一校の他の選手の成績は無関係となります。
④参加人数の多い学校は全員で勝ち星をフォローし合えるので自然とかなり有利になりますけど、その点はどのようになっていますか?→同じチーム同士では対局しないので有利には働かないと考えています。というのは同一校からの参加人数が多いと他校の人に負ける選手も多くなるので他校の選手にとっては必ずしも不利とはならないのです。
⑤→付け加えですが、中学生大会の個人優勝者には天童市での全国選抜戦へ出場していただきますがその参加料金(今年の場合は男子代表者1人で18000円)を中学生県大会主催者が負担するために小学生大会と分離しているというのが一つと小・中両方を運営担当するのは運営担当者の負担が大きすぎるというのが一つです。

以上です。この回答を読んだ皆様方のご理解と今後のさらなるご協力ご支援をどうか宜しくお願い申し上げます。



 

中学校将棋大会の質問です

 投稿者:A  投稿日:2017年 3月28日(火)19時32分48秒
  確認になりますが、実質的に団体戦という形の大会ではなく、参加者全員が個人戦のように5対局を行い、同一校の上位3人の勝ち星を足したもので、団体戦の県代表をきめるということでよろしかったでしょうか?

もし、そうであるなら…
①極端な話になりますが、3人で参加している学校と、  30人で参加している学校においても、それぞれの同一校の上位3人の勝ち星の合計で決めるのでしょうか?

②あるいは、30人で参加している学校の中でも、ちゃんと3人×10チームで登録し、それぞれのチームのメンバーの勝ち星の合計で決めるのでしょうか?

②なら平等性はたもたれていますが、①なら参加人数の多い学校は全員で勝ち星をフォローし合えるので自然とかなり有利になりますけど、その点はどのようになっていますか?

小学生大会は、別になっているようですが、それぞれの地域性や支部連合会の考え方、今までの流れなどがあるので、それを全く知らない私には何ともいえないところですが、全国大会としては、主催に関しても全く違う大会だと思うので少し驚いてしまいました。

返答をお待ちしています。
どうぞ、よろしくお願いします。



  
 

第16回全国小学生倉敷王将戦 和歌山県大会(予選会)のご案内

 投稿者:井原 靖  投稿日:2017年 3月28日(火)13時32分51秒
編集済
  大山名人杯争奪 第16回全国小学生倉敷王将戦の和歌山県代表を選出する予選会を開催します。
この大会の全国大会は、下記の通り開催されます。
日程:平成29年8月6日(日)  会場:倉敷市芸文館
主催:倉敷市・日本将棋連盟・倉敷市文化振興財団  共催:倉敷市教育委員会
・高学年の部(4年生~6年生)64名 ・低学年の部(1年生~3年生)64名 全国より選抜。
和歌山県からは、代表各部1名になります。※選手1名の交通費、宿泊費主催者負担。

■和歌山県大会(予選会)要項
 主  催 日本将棋連盟和歌山県支部連合会・紀の国支部
 日  時 5月28日(日)13:00受付 13:15対局開始(予定)※午前中の団体戦終了後になります。
 会  場 大洋化学本社会議室 御坊市島584番地
 参 加 費 500円
 参加資格 県内在住の小学生
 表  彰 各部優勝、準優勝、3位に賞状とメダル 優勝者に全国大会出場権授与
 競技方法 日本将棋連盟規約に準じます。参加人数により対局時計使用する場合あり。
 申 込 み 当日受付(事前申込み不要)
 問い合せ 090-1959-0784(井原)
 

第13回文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦「小学校の部」和歌山県大会のご案内

 投稿者:井原 靖  投稿日:2017年 3月28日(火)11時34分33秒
編集済
  日本古来の伝統文化のひとつである将棋を通じて、青少年の健全な育成と将棋の普及発展を目的とする。
全国より選出された3名一組の小・中学生128チームが東西に分かれて東京・大阪に参集し、文部科学大臣杯を目指し競います。
それに伴い、小学生和歌山県代表チームを選出する県大会を開催します。

主  催 全国大会:日本将棋連盟 産経新聞社
     和歌山県大会:日本将棋連盟和歌山県支部連合会・紀の国支部
後  援 文部科学省 NHK(予定)
特別協賛 カゴメ株式会社(予定)

日  時 5月28日(日) 9:30受付 10:00大会開始
会  場 大洋化学本社会議室 御坊市島584番地 御坊・御坊南ⅠCより5分、御坊駅徒歩15分。
参 加 費 1チーム(3名)1500円
参加資格 県内在住、同一校の児童3名でチーム編成、複数チーム参加可。
表  彰 優勝、準優勝、3位に賞状とメダル。優勝チームに西日本大会出場権授与。
競技方法 リーグ戦を予定 対局時計なし。参加数で変更する場合あり。
申 込 み 当日受付(事前申込み不要)
問い合せ 090-1959-0784(井原)
そ の 他 昼食、飲み物等は各自用意下さい。
     午後より(団体戦終了後)全国小学生倉敷王将戦和歌山県大会(個人戦)を行います。
     ※西日本大会7月25日(火)ホテルモントレ大阪 選手+付添1名の交通費主催者負担
 

紀の国支部師範 久保利明王将祝賀会のご案内

 投稿者:井原 靖  投稿日:2017年 3月28日(火)05時40分15秒
  紀の国支部師範久保利明九段が第66期王将位を獲得しましたので、支部主催の祝賀会を開催します。支部結成時以来、6期ぶりのタイトル獲得とA級復帰を祝い、有志でささやかな祝宴と記念品を謹呈したいと思います。支部会員以外の方でも参加希望者は、ご相談ください。

◆日 時 4月30日(日) 16:30~
◆場 所 居酒屋てち 御坊市藤田町吉田247 TEL0738-23-0816
◆会 費 15,000円
◆問合せ 井原 090-1959-0784
 

第75期名人戦第3局大盤解説会のご案内

 投稿者:井原 靖  投稿日:2017年 3月28日(火)00時57分31秒
  佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑む第75期名人戦。久しぶりの関西所属棋士の挑戦で20代対決、また、稲葉八段は毎年紀の国支部の行事にもご参加頂く緊密な棋士のひとりでもあります。名人戦の熱戦を挑戦者と同年代で親交も深い宮本広志五段(紀の国支部師範代)をお招きして、終局まで大盤解説会を開催します。心ゆくまでご堪能下さい。

※日時:5月2日(火)14:30頃~終局まで
※場所:夢空間ふわり2F(紀の国支部道場) 御坊市薗77-3(御坊市体育館北側)
※入場料:一般1000円 高校生以下無料
※問い合わせ:井原 090-1959-0784

 

第3回宮本広志杯かみとんだ将棋大会 結果

 投稿者:井原 靖  投稿日:2017年 3月27日(月)11時08分49秒
編集済
  A級の部  参加数14名
・優勝  武田 嘉弘(63歳)田辺市
・準優勝 濵脇 正 (52歳)和歌山市

B級の部  参加数14名
・優勝  水谷 正志(47歳)田辺市
・準優勝 髭白 悠杜( 9歳)和歌山市

C級の部  参加数12名
・優勝  森 基博 (29歳)岩出市
・準優勝 佐武 聡学(51歳)田辺市

小・中学生の部  参加数23名
・優勝  田中 友翔(11歳)上富田町立朝来小学校5年
・準優勝 小河 嘉崇( 8歳)和歌山市立太田小学校2年
・3位  南 耕太郎(11歳)田辺市立秋津小学校5年
                      (敬称略)
主催 日本将棋連盟 紀の国支部
 

中学生将棋大会について質問です

 投稿者:A  投稿日:2017年 3月23日(木)20時13分33秒
  確認になりますが、実質的に団体戦という形の大会ではなく、参加者全員が個人戦のように5対局を行い、同一校の上位3人の勝ち星を足したもので、団体戦の県代表をきめるということでよろしかったでしょうか?

もし、そうであるなら…
①極端な話になりますが、3人で参加している学校と、  30人で参加している学校においても、それぞれの同一校の上位3人の勝ち星の合計で決めるのでしょうか?

②あるいは、30人で参加している学校の中でも、ちゃんと3人??10チームで登録し、それぞれのチームのメンバーの勝ち星の合計で決めるのでしょうか?

②なら平等性はたもたれていますが、①なら参加人数の多い学校は全員で勝ち星をフォローし合えるので自然とかなり有利になりますけど、その点はどのようになっていますか?

小学生大会は、別になっているようですが、それぞれの地域性や支部連合会の考え方、今までの流れなどがあるので、それを全く知らない私には何ともいえないところですが、全国大会としては、主催に関しても全く違う大会だと思うので少し驚いてしまいました。

どうぞ、よろしくお願いします。


  
 

結果

 投稿者:真田 正  投稿日:2017年 3月19日(日)16時50分27秒
  決勝は、完敗で準優勝でした。(準決勝は不利な将棋を粘って時間切れ勝ち)。レジェンドひふみんに生解説してもらうのは、うらやましい限りです。  

レンタル掲示板
/38